川崎 清 + 環境・建築研究所

■豊かな経験と実績を生かした設計
事務所は昭和46年に川崎清の主宰の下に創立し、40年以上の実績があります。川崎清とその建築家達は、多くのデザイン・設計を手掛け、多数の受賞作品があります。

■環境問題への取り組み

建築を中心としながらも、環境との関わりについて広く洞察を深め、環境と建築の融合をテーマにしてます。緑と建築、景観と建築の調和、自然エネルギーの利用、省資源・省エネルギー対策、リサイクル資源の活用など様々な試みを建築に応用しています。

■設計に対する姿勢

1)人の言葉を良く聴く  2)場所を良く見る  3)人と場所の関わりを深く読む以上の三つが全ての仕事の始まりであり、仕事を通じての基本であります。
理念を表現する、機能を解決する、安全性を追求する技術は、全てここから出発します。
そして十分な解が得られるまで繰り返し対話とスタデーを行い一本の線を決めるのに百本の線を引くことが重要です。

■業務内容
■沿革
1971年 1月  京都にて創立する
1976年12月  東京事務所開設
1983年10月  東京に本社を移す
1990年 5月  京都に本社を移す
2010年 3月  東京事務所を閉鎖
現在に及ぶ
■役員名
社主          川崎  清  一級建築士
代表取締役       岡部 惠一郎 一級建築士

取締役設計室長     藤原 信夫  一級建築士
取締役監査役      上崎 孝   一級建築士
技術顧問        宇野 洋平  一級建築士

■川崎 清 略歴

生年月日 1932年4月28日
出身地 新潟県
現職 建築家 環境・建築研究所代表取締役
京都大学   名誉教授
日本建築家協会名誉会員
日本建築学会 名誉会員

学歴
1955年 3月 京都大学工学部建築学科卒業
1957年 3月 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
1971年 3月 京都大学工学博士学位取得

職歴
1958年 7月 京都大学講師、 建築学
1964年 4月 京都大学助教授、 建築学、建築設計
1972年 6月 大阪大学教授 、 建築学、建築設計、環境デザイン
1983年 4月 京都大学教授、 建築学、建築設計、都市設計
1996年 3月 京都大学定年退官 京都大学名誉教授
1996年 4月 立命館大学教授、 環境システム工学、建築設計、環境デザイン
2003年 3月 立命館大学退職、
2003年 4月 株式会社 環境・建築研究所 代表、
2008年 4月 社団法人日本建築家協会 本部建築家認定評議会 議長(4年間)
2011年 11月 叙勲 瑞宝中授章

1995年 9月 中国精華大学客員教授、(北京) 3年間
1995年 9月 中国同済大学顧問教授、(上海)  終身

■受賞作品

1965年 8月 優秀賞 「日本建築センター展示場競技設計入選」
1968年    サンパオロビエンナレ招待出品 「万国博美術館」
1970年 9月 日本建築学会 万国博特別賞 「日本万国博覧会基幹施設のレイアウト」
1973年 3月 第23回芸術選奨 文部大臣賞(美術部門) 「栃木県立美術館」
1984年11月 第2回京都美観風致賞 「相国寺承天閣美術館」
1984年    商環境デザイン賞 「インペリアル六本木フォーラム」
1988年11月 第29回建築業協会賞((BCS賞) 「大谷大学博綜館、講堂棟」
1990年 2月 麗しの滋賀建築賞 「信楽町陶美通」
1992年    奈良トリエンナーレ建築展招待出品
1994年 6月 第15回石川県建築賞 建築士事務所協会長賞 「石川県水産総合センター」
1996年 3月 第2回いしかわ景観賞 「美川コミュニテープラザ”ふれ愛”及びその周辺」
1996年12月 1996年京都デザイン賞 「京都市勧業館みやこめっせ」
1997年11月 第5回京都市都市景観賞 京都市長賞「京都市勧業館みやこめっせ」
1998年 5月 第6回公共建築賞 優秀賞 「石川県水産総合センター」
2002年11月 第16回奈良市建築文化賞景観賞 「奈良・紀寺団地」
2004年 7月 第25回石川建築賞 優秀賞 「石川県こまつ芸術劇場 うらら」
2004年12月 第36回中部建築賞 入選  「石川県こまつ芸術劇場 うらら」
2011年11月 瑞宝中授章授与

■主な会員及び委員

日本建築学会名誉会員
日本建築家協会会員
京都市都市計画審議会委員(会長)
京都市美観風致審議会委員
京都市左京区まちづくり推進会議(座長)
奈良市都市景観審議会委員(会長)
(財)建築研究協会理事
主な審議委員歴等
日本建築学会理事
大阪大学適塾記念会理事
国際花と緑の博覧会計画委員
日本建築学会賞作品賞委員
日本建築業協会賞委員
大阪市緑化懇談会委員
関西文化学術研究都市国際交流センターデザイン・コミッテー
ベニス・トリエンナーレ建築展 日本代表コミッショナー
トリエンナーレ奈良 ・92 世界建築博覧会企画委員
新関西国際空港国際競技設計審査委員
大阪府庁舎周辺整備基本計画競技設計審査委員
京都駅改築国際競技設計審査委員(委員長)
京都市コンサートホール競技設計審査委員(委員長)
新潟県立近代美術館建設指名競技設計審査委員(座長)
福井県立音楽堂競技設計(委員長)
石川県新庁舎競技設計審査委員

石川県立総合体育館指名競技設計審査委員(委員長)

京都総合資料館協議設計審査会(会長)

■主な著書

1990年 「設計とその表現」 鹿島出版会
1991年 「仕組まれた意匠」 鹿島出版会
1992年 「京都発・都市デザインのパラダイム」 紫翆会出版
1996年 「空間の風景」 川崎 清作品集 新建築社

■好きな言葉

         「無作の作」

私は「無作」という言葉が好きです。無作という意味は決してものをつくらないという意味ではありません。「無」とは中国ではものごとにこだわらない、自由なということを
意味します。即ち、「無作」とはものごとにこだわらない自由な境地でつくることを意味して居ります。
 建築は建てる場所も相手に要求される内容も千差萬別です。従って、最初から今度はこういうものを作りたいなどと予見があったり、こだわりがあったりすると、要求される
内容や本来のあるべき姿を見失い勝ちです。従って設計は始めるに当って頭を真白にして、要求に耳を傾け、そして素直な眼で現場を見て、よく環境の特徴を読み取ります。
それが全ての出発点です。
 デザインを深化させる過程は、既に芽生えているデザインの内容にこだわりながらそれを深めていく過程です。転化の過程はこだわりを捨てて柔軟に発想を変えることです。
この深化と転化の心の入れ替えが自由に出来るかどうかはデザイン作業の中で非常に重要なことだと思います。こだわるべき時にこだわり、こだわるべきでない時にこだわりを
捨てる。
 これが無作の作の真髄であると思います。

■History and Design Experience

 DILA associates was founded in Kyoto 1971 by the direction of Kiyoshi Kawasaki architect.
More than 40 years, plenty of design experience about architecture and landscape design have been accumulated with good works.
Consequently, many prizes and honorary titles have been given by the government and the authorities concerned.
So the most of these experience and abilities would be lead to good design accordingly.

■Approaches to the environmental problem

 Today’s interests about harmony of architecture and its surroundings might be most important things.
Various approaches concerning about green and architecture, use of natural energy, making use of recycling resources, saving energy and
resources would be central subjects of designing on developing sustainable society.
The deep considerations above these are most important target of design.

■Working Stance

 Well listening to others, well watching the place and understanding the context between human and environment are the three basic stances
through the total process of working.
Setting ways to present the idea and concept, to adjust the functions and to achieve the safety for the structure are started from above three point.
Until complete the good solution, we repeat over and over the discussion and making studies. In other works, owing to fix a single line we should try to draw 100times of traces.

■Outline of Personal History Kiyoshi Kawasaki

Born April 28 1932 in Niigata Prefecture JAPAN

■Present Position

Architect & DILA associate
Professor Emeritus of Kyoto University
Honorary Member of Architectural Institute of Japan
Honorary Member of Japan Institute of Architects

■Academic Career

1957.03  Master Degree of Architecture Graduate Course of Kyoto University
1958.07  Lecturer School of Architecture Kyoto University
1964.04  Associated Professor School of Architecture Kyoto University
1971.03  Doctor Degree Graduate Course of Kyoto University
1972.06  Professor Department of Environment Osaka University
1983.04  Professor School of Architecture Kyoto University
1995.09  Advisory Professor (life member) Tongji University Shanghai China
1995.10  Invited Professor Tsinghua University Beijing China
1996.03  Professor Emeritus Kyoto University
1996.04  Professor Ritumeikan University Kyoto
2003.04  Architect & President of DILA associates

■Main Works & Honorary Title

1965 Excellent Prize Competition of Japan Architectural Center
1968 Invitational Exhibition to Sao Paulo Biennale BRAZIL
1970 Special Prize annually, Architectural Institute of Japan
    Layout Design of EXPO’70, Osaka
1973 Excellent Works annually (Artistic section), the Minister of Education
    Tochigi Prefectural Museum Of Fine Art
1988 Annual Prize of Excellent Works, Japan Building Contractors Society
    Center Building & Student Hall of, Otani University
1990 Commissioner of International Exhibition of Architecture
    VENETIA Biennale
1992 Invitational Exhibition to Triennale NARA
1997 Excellent Works of Urban Beauty, Mayor’s Honor of Kyoto City
    Kyoto Municipal Exhibition Hall of Industries
1998 Excellent Works of Public Building, the Minister of Construction
    ISHIKAWA Prefectural Marine Product Center
2011 Decorated with imperial Medal

■Committee

Chairman, Council of Urban Beauty Kyoto City
Chairman, Council of Urban Beauty Nara City
Chairman, Admitting Board of Registered Architect Japan Institute of Architects
and other

Winning

1965.07 Winning Excellent Prize,
     Competition of JAPAN ARCHITECTURAL CENTER
1968 Invitation Exhibition to St.Paul Biennale '68, BRAZIL
1970.09 Special Prize of Architectural institute of Japan
      Layout Design of EXPO '70, OSAKA
1973.03 Minister of Education prize , Agency of Culture,
      "TOCHIGI Prefectural Museum of Fine Art"
1982.02 The 1st Prize of Excellent Work of Urban Beauty and Scenery ,
     "Shigaraki Museum of Traditional Industries"
1984.11 The 2nd Fine sight scenic beauty prize , KYOTO city
      "Jhotenkaku Museum of Shokokuji Temple"
1988.11 The 29th Prize of Excellent Work , Japanese Building Contractors
      Society
      "Center Building and Student Hall of OTANI Univercity"
1989.11 The 2nd Architectural and cultural prize, NARA city
      "The Hall of NARA Educational Univercity"
1990.02 The 2nd Prize of Excellent Work of Urben beauty , SHIGA Prefecture,
      "Civic Design of Shigaraki main street"
1992.05 Invitation Exhibition to Contemporaly Architect Exhibition ,
     Triennale NARA
1994.06 The 15th Prize of Excellent Work of Building , ISHIKAWA Prefecture
1996.03 The 2nd Prize of Excellent Work of Urben beauty, ISHIKAWA Prefecture ,
     "MIKAWA Community Plaza" and its Circumference
1996.12 Annual Prize of Excellent Design , KYOTO Design Society,
      "KYOTO Municipal Exhibition Hall of Industry"
1997.11 The 5th Prize of Excellent Work of Urban Beauty, Mayor's Honor
     of KYOTO city, "KYOTO Municipal Exhibition Hall of Industry"
1998.05 The 6th Prize of Excellent Public Building , The Ministy of
      Construction ISIKAWA,"Municipal Marine Product Center"
2003.11 Annual Prize of Excellent Work of Architecture and Culture,
      NARA city, "NARA・KI-Temple Apartment"

■Member & Chairman, the Jury of Architectural Competition

Member, International Competition, Kansai International Airport
Chairman, International Competition, Redevelopment Kyoto Station
Chairman, Nominated Architect’s Competition, Kyoto Concert Hall
Chairman, Hukui Prefectural Concert Hall
Chairman, Ishikawa Prefectural Sport Arena
Chairman, Kyoto Prefectural Complex of Libraries
and other